マッサージは、抜け毛だけでなく顔のリフトアップ効果も!

head

マッサージは頭部の血流をうながします。抜け毛が増えたり、または髪が痩せて薄毛になるのは、毛根の血行が充分でないことが原因です。髪の毛根は植物でいえばちょうど根にあたり、ここで血液を吸収して髪を生成していますから、頭皮の血流改善は育毛・発毛のためには不可欠な要素といえます。

 

でも、頭部のマッサージといってもやみくもに揉んだり叩いたりはNGです。頭部のほとんどは「帽状腱膜」という薄い組織に覆われており、その上に皮膚がかぶさっています。そのため強くマッサージしすぎると固い頭蓋骨と指の間で皮膚や腱膜が押しつぶされる格好になり、毛細血管を傷めてうっ血を引き起こすリスクがあります。これではかえって逆効果です。

 

では、どこをマッサージするかというと、後頭筋と前頭筋という筋肉がある部分です。後頭筋はこめかみから耳の上を通って後頭部へつながっている筋肉です。前頭筋は額から生え際の少し上の辺りまで通っています。蒸しタオルなどでまず筋肉を温めたのち、指をあて、筋肉を大きくゆっくりと動かす感じでほぐします。

 

筋肉があるといっても腕や肩のように厚い筋肉ではないので、あくまでやさしく行うようにしてください。特に耳の周囲はリンパも集まっていますから、後頭筋をよくほぐすと血流だけでなくリンパ流もうながされます。新陳代謝の促進に効果的です。これらの筋肉は前述の帽状腱膜とつながっています。筋肉が凝って柔軟さをなくしていると、つながっている腱膜や皮膚が引っ張られることになり、血行に影響します。つまり、筋肉をほぐすことによって、筋肉そのものの血行をうながす効果があるだけでなく、間接的に腱膜の血行促進効果も期待できるというわけです。

 

筋肉マッサージをしたあと頭頂部にさわってみると、皮膚がやわらかくなったと感じるかもしれません。皮膚が柔軟さを取り戻したら、頭頂部も軽くマッサージしてみましょう。また合わせて、頭部へつながっている首・肩のマッサージも行うと効果が倍増します。

 

頭部の筋肉マッサージは抜け毛だけでなく、顔のリフトアップ効果もあります。女性には嬉しいマッサージですね。