薄毛治療はどんなことをするの? 男性編

薄毛に悩む男性

男性の薄毛は、男性ホルモンが原因になっていることがほとんどです。

 

男性ホルモンのテストステロンが体内で5αリダクターゼという酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンというホルモンに変化します。このジヒドロテストステロンが、頭髪に血液や栄養を送る毛乳頭に入ると、頭髪の成長を阻害するタンパク質を作り出し、その結果、頭髪が成長できずに抜け落ちてしまうのです。

 

男性型の薄毛治療は、ジヒドロテストステロンが生成されるのを防いだり、前述の5αリダクターゼと結びつくのを防止したりといった施術になります。具体的には、投薬を中心に治療をしていくことが多いようです。

 

はじめにカウンセリングを行い、それから投薬治療が体に悪影響を及ぼさないか、事前に血液検査を行います。最初のカウンセリングについては無料で受けられるクリニックが多いです。髪が薄くなっているのかわかりづらいとか、薄毛治療の必要はあるのか、など、自分の髪の状態がよくわからない方は、無料カウンセリングを利用してみるとよいでしょう。

 

投与される薬は、「プロペシア」を採用しているクリニックが多いです。これは、有効成分「フィナステリド」を錠剤に加工したもので、経口投与されます。フィナステリドには、テストステロンが5αリダクターゼと結びつくのを防ぐ作用があります。それによってジヒドロテストステロンの生成を抑え、頭髪の脱毛を減らしていきます。薄毛治療の効果は個人差がありますが、平均すると3ヵ月ほどで何らかの効果が実感できたという方が多いようです。

 

その他、頭髪の状態によってはミノキシジルを外用薬として投与したり、ビタミン・ミネラルのサプリメントが処方されることもあります。ミノキシジルは血管拡張作用のある成分で、頭皮の血行をうながして頭髪の細胞分裂を助ける働きがあります。育毛剤にもよく配合されているため、使用したことがある方も多いかもしれません。これらは頭髪が成長するコンディションを整えるためのもので、プロペシアの働きを補助するものととらえるとよいでしょう。

 

プロペシアは効果の高い薬品ですが、投薬を中止するとまた脱毛が進んでしまうという欠点があります。これくらい飲んだら終わり、ということはなく、基本的には薄毛治療のために投薬を継続する必要があります。治療を受ける場合はそうした点も考慮して判断してください。

薄毛治療はどんなことをするの? 女性編

女性

女性の薄毛は、「びまん性脱毛症」、「分娩後脱毛症」、「ひこう性脱毛症」、「牽引性脱毛症」の4種類に分類されますが、この中で薄毛治療の対象になるのは最初の「びまん性脱毛症」です。他の3つは、生活習慣を変えるだけで改善が見られたり、投薬でかえって完治が遅くなったりするため、特に治療は行われないのが一般的です。

 

びまん性脱毛症は、頭部の広い範囲で脱毛の症状が起こり、均等に薄くなって行くのが特徴です。たとえば生え際が薄くなる場合と違って、薄くなり始めた箇所とそうでない箇所の区別がつきづらく、ある程度脱毛が進んで初めて薄毛に気づくというのが、厄介なポイントです。

 

若い方よりも比較的年齢の高い女性に多く見られる傾向があり、そのため加齢やストレス、ホルモンバランスの乱れ、栄養障害などが原因ではないかといわれていますが、これが原因だという明確な答えはまだ出ていないようです。

 

考えられる原因が多岐に渡るため、クリニックでの薄毛治療は、頭皮のコンディションを整えて、髪が健康に成長する後押しをする施術がメインになります。はじめにカウンセリングを行い、頭皮や髪、そして体全体のコンディションをチェックしたり、薬の投与で影響がないかどうかの血液検査を行います。

 

薬は、ミノキシジルやスピロノラクトンが主に処方されます。ミノキシジルは血管を拡張させることで、スピロノラクトンは血圧を降下させることで、それぞれ頭皮の血流をうな0がしますが、特にスピロノラクトンは女性の薄毛には高い効果が期待できる薬品です。その他、血流促進作用のある、ビタミンB群、髪の材料になるアミノ酸などのサプリメントを使用したり、食生活や生活習慣についてのアドバイスも行います。

 

施術内容は男性の薄毛治療と似ていますが、男性の場合は薬品の投与で髪そのものにアプローチするのに対し、女性の薄毛治療の場合は体全体に広くアプローチするという違いがあります。

 

前述のように薬やサプリメントも処方されますが、生活全般を見直して、髪が成長するようなコンディション作り、生活習慣作りに、より重きが置かれているのが、女性の薄毛治療といえるでしょう。

 

更新履歴